ネパールの塔婆の概要

 現在、ネパール国内人口の約10%が仏教徒であり、ネパール仏教、チベット仏教、上座部仏教が信仰されている。ネパール仏教は、インドの大乗仏教の伝統、出家教団をもたない在家仏教、カースト制度の存在などの特色をもつ。チベット仏教は、ネパールが古くよりインドとチベットの仏教の中継地として往来が盛んであったことから、ネパールにも流入した。上座部仏教は近年に導入された。
 ネパール国内の仏塔を巡る上で重要な地は、インドと国境を接する南端の釈尊の生誕地であるルンビニー及びその周辺と、スヴァヤンブーナート、ボダナート、ナモーブッタの三大霊塔のあるカトマンドゥ盆地である。前者をふくむタライ地方は現在はネパール国内だが、文化的には北インド文化圏であり、アショーカ王の石柱も発見されている。後者のカトマンドゥ盆地こそが、古代からネパールの中心であり、多くの王国が興亡を繰り返し、多くの仏塔が建立されている。
 
 カトマンドゥ盆地に仏教が伝えられた時期は明らかではない。パタンにはアショーカストウーパとされるものがあるが、実際の創建はアショーカ王時代に遡る物ではなく、アショーカ王の石柱もカトマンドゥ盆地では発見されていない。5世紀中~8世紀にかけてリッチャヴィ朝の時にはシヴァ神を尊崇する王族の中には仏教寺院が建立する者も現れた。ネパールで最も重要なスヴァヤンブーナート仏塔はブリシャ・デーバ王(4世紀末~5世紀初)が建立したネパール最初の寺院との伝承をもつ。7世紀に玄奘は直接訪れてはいないが『大唐西域記』には「尼波罹国」ではヒンドゥー寺院と仏教寺院が密集し、大小二乗を兼学していたと記録している。また、チベットの伝承では、7世紀初のチベット王ソンツェンガンポ王の妃として迎えられたネパール王女は、唐からやはり妃として迎えられた文成公主と同様に釈尊像をチベットへ伝えたとされる。
9世紀から始まるデーヴァ朝下では、密教が盛んとなった。13世紀頃、ネワール族のマッラ朝がおこった時期は、仏教が滅亡したインドから多くの仏教徒が移り住んだと思われる。ネパール仏教の特色であるカースト制度もこの王朝下で確立したと。17世紀には、この王朝は、バクタブル、カトマンドゥ、パタンの3王国に分裂した。1769年、カトマンドゥ盆地のマッラ朝の三王国は滅ぼされ、ゴルカ王がシャー王朝が開かれた。この王朝のもとではヒンドゥー政策が強化され、多くの在家仏教徒が改宗した。
 
 ネパール仏教の寺院は「バハ」と「バヒ」に大別される。寺院は中庭を囲む木造二階建ての方形に造られ、入口の反対側の一階に本尊を祀り、二階部は密教堂が設けられる。仏塔は中庭に1基~数基配置されている。このうち、寺院の正規の塔は入口から本堂への中央軸線上に配され、他の塔は信者が寄進した奉献塔であることが多い。
 ネパール仏教では仏塔は、ストゥーパとチャイトヤに大別される。ネパールに限らず、ストゥーパは本来は舎利を祀る仏塔、チャイトヤは奉献塔のような舎利を納めない小仏塔を指す。またチャイトヤはネワール語で「チー・バー(小さい寺院)」とよばれる。ただし、スヴァヤンブーナートの仏塔は「マハー(大)・チャイトヤ」と称する。
 ネパールの仏塔の最も顕著な特色は、伏鉢の上の平頭の四方に描かれた「眼」であろう。スヴァヤンブーナートの仏塔は創建当初から何度か修復されているが、1372年の修理で現在のような姿になったという。この修理の直前に描かれた同塔の絵には眼がないことから、四方に「眼」が描かれるようになったのはこれ以後のことであろう。仏塔の四方の仏龕には阿閦、宝生、阿弥陀、不空成就または、東南方に毘盧遮那仏を加えて五仏を祀ることがある。
 奉献小塔の中にはリッチャヴィ時代に遡る物もあり、原則として一石から彫り出され、下から順に「基壇」「仏龕」「塔身」「平頭相輪部」からなる。マッラ時代になると構造が複雑となり、煉瓦やラテコッタを材質とする塔も造られた。また、石膏を塗布して補修する儀礼が度重なりなされ、或いは龕が空であるような小仏塔を「アショカ・チャイトヤ」とよぶ。龕が空であるのは、地元伝承では、アショーカ王が仏像を彫る前にこの地を去ったからだというが、近年の研究では、特別の祭礼の時に礼拝対象を安置したと考えられている。アショーカチャイトヤはパタンに150基ほど、カトマンドゥに133基ほど確認されている バクタブルにはチー・バーは167基以上あり、これらのすべてを右回りに周回する儀礼があるという。
 
 



inserted by FC2 system